ハワイ旅 2020年 #18&#19 レンタカーでオアフ島北部を周遊 ガーリックシュリンプ食べ比べ | ALY CHANNEL BLOG

ハワイ旅 2020年 #18&#19 レンタカーでオアフ島北部を周遊 ガーリックシュリンプ食べ比べ

旅行
スポンサーリンク
こんにちは。Alyです。
2020年1月から2月にかけて22泊24日のハワイ新婚旅行に行ってきました。
その時の様子はYouTubeに投稿していまので是非、ご覧ください。
今回はハワイ10日目の様子について書きたいと思います。



スポンサーリンク

レンタカー

10日目はレンタカーを借りて、オアフ島北部を周遊しました。

ワイキキのアラもレンタカーで下から2番目のクラスの乗用車を借りました。

料金は保険料・税込みで$115.51でした。

当日は天気も良く、道路も特に混雑することもなく

とても気持ちの良いドライブができました。

一方で慣れない海外の運転はとても疲れました。

交差点を曲がった後、どちらの車線に行くか、

頭ではわかっていますが、判断が少し遅れました。

ザ・バスでも行けるところであれば料金面だけでなく、

安全面も考慮し、ザ・バスで行くことをおすすめしたいと思います。

 


クアロア・ランチ

まず向かったのは、クアロア・ランチです。

ワイキキから約1時間で到着しました。

ここは、ジュラシック・パークなどの映画のロケ地として有名な場所です。

目の前には、ごつごつした険しい山。

駐車場で車を止めた後、まず出迎えてくれたのは、かわいいお馬さんでした。

入ってすぐにはショップがあり、映画のグッズなどが売られていました。

やはり一番人気はジュラシック・パーク。

大半が恐竜のグッズでした。

バギーに乗って、施設内を巡るツアーを申し込もうと思いましたが、

当日券はSOUD OUTでした。

ここでツアーを申し込みたい方は、インターネットなどで

事前予約をしておいたほうがいいと思いました。



ガーリック・シュリンプ食べ比べ

その後、さらに北部のカフクに向かいました。

カフクはオアフ島北部の街で、道はカメハメハ・ハイウェイの一本ですが、

車が少なく快適なドライブができました。

また、エビの養殖が有名で、至る所にエビの養殖池がありました。

エビの街カフクでガーリック・シュリンプの食べ比べをしました。

まず向かったのは「フミズ」です。

青地に赤色の文字が目印の小屋みたいなお店です。

お店の横にあるテント内で食べました。

ガーリック・シュリンプ($13)

エビは小さめで、バターが効いた甘めの味付けでした。

個人的にはガーリックが効いてほしかったなという印象でした。

続いて2軒目は「ロミーズ」に向かいました。

フミズから車で1分で到着。

真っ赤な建物が目立っていました。

ここもお店の隣にテントがあり、そこで食べました。

お店の壁に This is good food not fast food. という張り紙があり、

店主のプライドを感じました。

たしかに、ほとんど人が並んではいませんでしたが、

注文してから30分くらいかかりました。

ガーリック・シュリンプ($15.2)

ご飯とエビだけのシンプルな構成にも強いこだわりを感じました。

ガーリックは効いていましたが、中華風の味付けで、

ガーリック・シュリンプという感じではなかったです。

さらに3軒目に「ジョバンニ」に行きました。

ハレイワで行って、美味しさに感動したお店の本店です。

ジョバンニ本店も落書きだらけのトラックでした。

さすがに人気店だけあり、トラックの前には15人くらいの行列ができていました。

トラックの前に大きな屋根付きのテラス席があり、そこで食べました。

SCAMPI($14)

保存容器をもってきたので、持ち帰り用を含め3人前を注文しました。

エビは普通ですが、ガーリックが効いた味付けが最高に美味しかったです。

ソースとご飯の相性も抜群でした。

個人的には今回の旅行のガーリック・シュリンプの中で、

ジョバンニがダントツで一番の美味しさでした。

わざわざ、ここまで食べに来る価値のあるお店だと思いました。

是非、おすすめしたいです。

タンタラスの丘

その後、ワイキキへ戻る途中にタンタラスの丘に寄りました。

ワイキキの北部、車で約30分の場所です。

ここはワイキキを見渡せる展望台があり、絶景スポットとして有名な場所です。

特に夜景のスポットとして人気ですが、治安面で懸念があるところのようなので、

今回は昼間に訪問です。

この日は快晴の文句ない天気で、とてもきれいにワイキキ市街地を

見渡すことができました。

レンタカーで無料で行けるので、時間があれば是非訪れてみてください!



続きは動画をご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。


 

コメント